黒いぼつぼつやざらざらの原因埋没毛のケア

埋没毛,ケア,予防,治療
間違ったムダ毛の処理を続けていると、肌が皮膚の中に埋もれてしまう埋没毛になってしまうこともあります。
いちどできてしまった埋没毛は肌の端オーバーによって自然に外に出てくることもあります。しかし排出されずにずっと肌の下に残ってしまうケースの方が多いのです。

 

埋没毛ができてしまう原因と予防法そしてその治し方を紹介します。

埋没法とは何なのか

 

 

埋没毛とは、皮膚に埋もれてしまった家のことをいいます。
通常家は毛穴から皮膚の外に向かって入ります。
しかし何らかの理由で毛穴が塞がれてしまうと家が皮膚から外に出られずに埋もれてしまいます。
これが埋没毛と呼ばれるものです。

 

埋没毛は皮膚から透けると黒くポツポツと見えます。
また手触りもざらざらっとしてしまいます。
そして埋もれてしまった家が皮膚の中に炎症をおこして赤く腫れてしまうこともあるのです。

埋没毛が起こる原因は主に下記の3つがあります。

埋没毛,ケア,予防,治療

 

カミソリによるムダ毛の処理

カミソリはムダ毛を結構剃っているだけと思われていますが実は皮膚も一緒に少し剃ってしまっているのです。
そのためにカミソリによるムダ毛の処理を繰り返していると、知らないうちに皮膚がダメージを受けて暑くなっています。

 

生えてきたムダ毛が今まで取れていた毛穴に取ることができなくて皮膚の中に埋まってしまうのです。

 

最も皮膚にダメージを与えるのが、けが生えている流れと逆方向にソルン逆剃りです。

 

この方法はムダ毛を根本からしっかりと切ることができるので多くの人がやってしまいがちなNGムダ毛処理方法なのです。

 

2つ目は毛抜きによる処理です。

 

剃るのがダメなので毛抜きで抜く人も多いでしょう。
毛抜きで抜いた方がツルツルが長く続くと言うこともありますね。

 

毛根を引っこ抜くと言うムダ毛処理方法なので、皮膚には負担がなさそうですが実は毛穴に大きな衝撃を与えています。
そうするとけが生えてくるのに曲がってしまったり、毛穴を上手に撮れなくなると言うことが起こってしまい埋没してしまいます。

 

皮膚がダメージを受けてしまうことが原因

カミソリや毛抜きなどのムダ毛の事故処理の時に、皮膚が傷ついてしまうことで毛穴がかさぶたで覆われてしまうこともあります。
また肌が乾燥してしまうことで、角質化することもあります。
このようなトラブルでムダ毛が外に出られなくなってしまうのです。

では埋没毛にならないための予防策を紹介します

埋没毛,ケア,予防,治療

 

特に埋没毛ができやすいのは両脇とビキニラインです。
ムダ毛が太く家が入る方向がランダムなので埋没毛になりやすいのです。

 

では埋没毛にならないための予防策を紹介します

 

これは自己処理を止めることそれだけです。
ソルト肌の表面に傷をつけてしまいます。
抜くと肌の中側の毛穴に傷をつけてしまいます。
どちらにしても、肌に傷をつけて埋没毛を作ってしまう原因になってしまうのです。

 

どうしても自分でムダ毛を処理したい場合には、入浴中は避けて入浴後の10分位の間に肌が柔らかく清潔なうちに、ローションなど塗って肌をなめらかにしてから剃ると言うのが1番いいですね。
できればカミソリは使わずに女性の肌に優しい電動シェーバーを利用するのが良いでしょう。
少しでも肌荒れが気になったらムダ毛処理よりも肌を守るようにしましょう。

埋没毛の治し方

埋没毛はピンセットや針を使っても自分でなかなか出すのができないことが多いのです。
無理に皮膚を傷つけて出そうとすると炎症起こしたり肌トラブルになることもあります。
このような時に1番良いのは皮膚科に行って撮ってもらうことです。

 

しかし埋没毛ができて皮膚科で撮ってもらってを繰り返すのなら、最初から埋没毛にならない脱毛方法を選ぶことが大切でしょう。

 

埋没毛になりやすい両脇やビキニLINEだけでも脱毛エステに行って風呂に脱毛してもらうのが1番です。

 

両脇と部位ライン部分だけの脱毛でしたら料金も安く手軽に行える脱毛エステが増えました。

 

部分脱毛で人気なのはミューゼプラチナムとエピレです

 

ミュゼプラチナム

 

 

 

エピレの両脇とVライン脱毛 700円