全身脱毛が蓮かしいのですが皆さんはどうですか?

全身脱毛をしたいがデリケートゾーンが恥ずかしい。皆さんどのような気持ちや考えで乗り越えたのか知りたいです。

 

このようなお悩みのメールをもらいました。

 

全身脱毛をしたいけれどVIO部分が恥ずかしいという人多いですね。
まさしく恥ずかしい部分をさらけ出して、脱毛をしてもらうのでかなりの勇気が必要でしょう。

 

婦人科でお医者さんに見せるのも恥ずかしいと感じる人が多い中、エステシャンは担当が決まっていないことが多いのです。
毎回違う人にデリケート部分を見られるのは恥ずかしくて当たり前とも言えます。

 

では、皆さんは全身脱毛の時の恥ずかしさをどのように克服していったのか?

 

紹介しますね。

 

多くの人は最初の1〜2回目は恥ずかしいそうです。
でも、回数を重ねていくとだんだん慣れるというのが一番多かったですね。

 

エステシャンの人も最初のころは気を使ってくれる人がほとんどです。
世間話やいろいろなことを話しかけてくれるエステシャンもいます。
逆に感情をこめずにテキパキと事務的に進めることであっという間に終わる。そんなエステもあります。

 

エステシャンにしてみるとVIO部分を見るのは慣れてしまいます。
特に全身脱毛専門エステで1日で全身が終わる脱毛エステはほぼすべてのお客さんのデリケート部分を施術するのですから、慣れて当たり前とも言えますね。

 

男性のエステシャンが恥ずかしいという場合は大手の女性しかエステシャンがいないサロンを選んだり、女性専用の全身脱毛専門エステサロンに行くといいでしょう。

 

 

私のデリケートゾーン体験談を何人か紹介します。

 

紙パンツ履きません。
丸出しですが慣れです

 

Oゾーンは脱毛しやすいように四つん這いになります。最初はかなり精神ダメージが強かったけれどあっという間になれました。

 

話が上手な人は恥ずかしさを忘れさせてくれます。

 

ひたすら耐える・・・最初はそうでした、

 

恥ずかしいといったほうが良いみたいです。エステシャンも気を使ってくれます。

 

私は耐え切れずにズーと話をしていました。

 

どんな姿で脱毛するのかというと片足だけ折るような形です。はずかしい〜でもきれいになるなら我慢します。段々慣れます。

 

医療脱毛だと痛みがすごく強いので、恥ずかしいなんて言ってられません。痛いのを我慢するだけで精一杯です。

 

私のところは紙パンツをはいて少しずつずらしながら脱毛していますから恥ずかしくありません。

 

私のところは紙パンツが常においてありますが、面倒だしどうせずらして脱毛するのだから履かなくてもいいかな?って思っています。